Autosplit Helper

(前ブログのコピペです)

自作ソフト(といってもOpenCVライブラリ等をお借りしているので完全自作ではないですが)であるAutosplit Helper by Image (Autosplitter for Console Game)の紹介。

 

・ダウンロード

Version 1.31 → ココ(dropbox)
(過去のバージョン→ココ

 

・想定している対象者

ゲームのリアルタイムアタック(RTA、Speedrun)をされている方。

 

・開発の経緯

RTA(Real time attack)とはその名の通り、ゲームスタートからゲームクリアまでの実時間を競うものです。以前はタイムの計測にはスタートとストップのみが出来るタイマーソフトが使われていましたが、最近(?)ではLivesplitやkazamiTimer等、ラップを取ることが出来るソフトウェアが開発されています。

RTAにおいてラップを取る、つまり区間記録を取得することは、ゲーム進行のペースを把握し、その区間の何が良かったか、何が悪かったかを考察するための一助となったり、自己ベストが出る可能性の把握ができたり…と、様々なことに活用することが出来ます。

しかし、ラップを取るためにはキーボードやマウスを操作する必要があります。そのため、以下のような懸念事項があります。

・RTAへの集中が妨げられる。
・操作が激しい場面でラップを取ることが困難
・手動操作ゆえ、区間記録に誤差が生じる。
→例えば区間最速記録が不正確となる。
・面倒くさくてやってられない。

等。先に上げたLivesplitにはScriptable Autosplitterという自動でラップを取る機能が存在するのですが、これはゲームの内部メモリを参照できることが前提となるので、PCゲームでしか使用することが出来ません。コンソールゲームでも自動でラップを取りたい!ということで、このソフトを開発しました。

 

・できること

・自動でラップを取る(外部タイマーにホットキーを送信する)
・自動でリセットする
・ロード画面がある場合、ロード画面を認識してタイマーを止める
(load removerのようなもの。海外では流行っているそうです。)

※画像認識を使用しているため、ラップを取れる場所は限定されます。
※OpenCVの仕様上、仮想webカメラ(SCFF、SCFH、XSplit、NDC(XP)等)が別途必要となります。

 

・使い方
Autosplit Helper How to use
(上部(スライド)はV1.28(誤字等があるかも)、下部(ドキュメント)はV1.26時のマニュアル)。 スライドを大きな画面で見たい場合はこちら

コメント