「00Min」というURL短縮サービスを見つけたので

使ってみる。

https://00m.in/

Google URL ShortenerというGoogleのURL短縮サービスが使えなくなったので、同様のサービスを新規に始めているところがあるだろうなと思っていたら見つかりました。去年の9月頃にサービス開始していたようです。

同様のサービスとしてはbitlyやURX.NU等があるのでわざわざこちらを使う理由もないかも知れませんが…

ざっくり特徴

・短縮URLの最小文字量が少なめ(5文字)
・短縮URLのカスタマイズが可能
・QRコードの発行が可能
・ユーザー登録をするとURLトラフィックの確認ができる

くらいでしょうか。短縮URLは自動生成もできます。最小文字量はカスタマイズで5文字未満にもできるのでしょうか?1度作成した短縮URLは削除できないようなので(遷移先は変更可能)、無駄に消費するのもあまり。

新規サービスなのでカスタマイズURLは取得しやすいと思います。ただ国産サービスなので、日本っぽい名前はすぐ消費されるかも。

ところで、私はAutosplit HelperというRTA用の補助ソフトを作っていて、アップデート確認のためにhttps://mus.frailleaves.com/ash_update.htmlにインターネットが接続されている時アクセスするようにしているのですが、どれ位使ってくれているのかな…と怖いもの見たさでbit.lyで短縮しています(これに関して、問題がある場合はコメントを頂ければ対処します)。

(最近HP移行してリセットしたので少ないです。またデバッグをするたびに踏むので大半は私です。今はデバッグ中はOFFにしています(1/26~位))

これを試しに00Minに移行してみようかなと。

どんな感じにアクセス解析結果が表示されるかは、結果がそれっぽく見えるようになったら追記したいと思います。ぱっと見た感じ、得られるデータはbit.ly+ブラウザ情報(Chrome/72.0.3626.64 Safari/537.36 Vivaldi/2.3.1435.4みたいなの)+期間を指定できる…でしょうか。ブラウザ情報…取得しない設定とかできないかな…
(追記:StreamReaderを使用するとブラウザ情報には反映されないようです。ブラウザを介さないのでそもそもそういった情報が存在しないのでしょう。)

2019-02-20 追記
現時点でのデータ。

クリック数はトータルと、期間内のクリック数の推移を視覚的に確認できます。マウスオーバーでクリック数を確認できます。クリック数のデータは24時間単位で記録され、グラフへの反映は表示期間によって異なります。
トラフィックソースはbitlyでいうReferring Channelsと同じで、短縮リンクがどこでクリックされたかの内訳でしょう。都合上Direct以外が出てくる可能性がほぼ0なので判断できませんが。
地図はどの国からアクセスされたかを世界地図に当てはめたもので、マウスオーバーすると国名とクリック数が表示されます。リスト表示もあるといいなぁ…
アクセスユーザーのホストはアクセス源のブラウザ情報を表示するようです。このリンクはブラウザを介さないので取得されていませんが、普通に利用すればそれっぽく表示されるんじゃないでしょうか。

コメント